帝京大学 小尾 潤之祏さん合格体験記 | 医学部受験予備校・塾の池袋理数セミナー
帝京大学 小尾 潤之祏さん合格体験記

池袋理数セミナーで帝京大学に合格した生徒の合格体験記をご紹介します。

「解法暗記型」から「理解重視型」に変われたことで合格に近づいた。
過去問をただ解いて終わりでない、分析シートで自身を分析。

小尾 潤之祏さん

帝京大学 医学部 合格合格

入塾前に抱えていた課題

高3から勉強すればいいという甘い考えのもと、高2までは自分の好きな科目の社会、英語の勉強しかしておらず、苦手科目の理系科目の勉強をほとんどしていませんでした。 医学科合格に必要な勉強法が全く定着していませんでした。

池袋理数セミナーに入塾した経緯

勉強する習慣を身につける上でも、学習環境が整っていた所でやったほうがいいと考え、理数セミナーに入塾しました。

私にとっての合格の原動力

生物の口頭チェックや英語の単語チェックで高い質を保つことを生徒たちに意識させ、普通の予備校では疎かにしがちな基礎を生徒たちに徹底させることです。 また、解法を丸暗記させるのではなく、なぜそのような解法になるのかというプロセスを大切にさせることです。 私は、入塾前、解法暗記型の勉強だったので、理解重視型の勉強に切り替えることができたのは、医学部合格するにあたって、プラスでした。 また、私はネガティブな思考に陥りやすい傾向があり、自分が果たして医学部に受かるのだろうかとかなり不安になっていましたが、担任の赤木先生を始め、常に先生方がポジティブ思考で、私が弱気な発言をしても、必ず励ましの言葉をかけて、背中を押してくれました。

これから受験する人たち・後輩へ

過去問の復習を大切にするところです。 過去問をただ解いて終わりという塾が多いと思いますが、理数セミナーは過去問分析シートを元に、できなかった所がどのようなミスの仕方をしていて、ミスのパターンを分析して、私が勉強している時に意識することができました。 また、先生方からのアドバイスはもちろん、卒業生の会の企画を通して医学部合格を掴んだ卒業生がどのような過ごし方をしていたかを知ることができたことです。 自分の勉強法に不安を抱くことがあった時に相談会で相談できたことで、勉強法や生活面にいたるまで改善できたことが良かったです。

お世話になった先生へのメッセージ

どうしようもない状態から私を医学部合格まで導いてくださった先生方には本当に感謝しています。 特に現役の時の担任の合田先生、そして一浪、二浪目に担任をしていただいた赤木先生には、いろいろとご苦労をおかけしてしまいましたが、先生たちのおかげで受験生としても人としても成長できました。 本当にありがとうございました!!

記憶に残るエピソード

二浪目に友達数人と苦手科目の化学や数学の復習をできたことです。 自分一人では復習しようと思っても疎かにしがちな所まで復習でき、基礎の定着に繋げることができました。