日本医科大学 鴨狩 理津子さん合格体験記 | 医学部受験予備校・塾の池袋理数セミナー
日本医科大学 鴨狩 理津子さん合格体験記

池袋理数セミナーの合格体験記をご紹介します。

頑張る人が周りにいる。だから、自分ももっと頑張れた!

鴨狩 理津子さん

日本医科大学 医学部 合格

入塾前に抱えていた課題

学習面では、授業で習ったことを理解する段階で留まり、実際に解けるようになるための演習を怠っていました。 又、自分で疑問に思ったこと、分からないと感じたことをそのままにしておくことが多かったと思います。 生活面では、勉強をする習慣が身についておらず、テスト期間以外は家で鞄から勉強道具を取り出したことがありませんでした。 進路面では、漠然とした憧れと目標はあっても、実現するために具体的に何を行えば良いのか分からないという状態でした。

池袋理数セミナーに入塾した経緯

当時の担任の先生に医学部を志望したいと相談したところ紹介されたのが池袋理数セミナーでした。 素晴らしい実績と先生の熱意に押されて入塾を決めました。

私にとっての合格の原動力

自分を応援し、支えてくれる先生方と助け合い、切磋琢磨し合える友達がいることです。 受験期は、朝から晩まで勉強し続けないといけない毎日でしたが、不思議と辛いと思ったことは無く、逃げ出したいと思ったことはありませんでした。 いつも自分の為に力を尽くしてくださっている先生方を笑顔にしたい、恩返しをしたいという気持ちや共に頑張る仲間に負けたくない、こんなに頑張る人がいるのだから自分ももっとできるはず、といった気持ちは私の合格への大きな原動力になりました。 私にとって理数セミナーの先生方は恩師であると共に尊敬する人です。また私の元気のタネでした。 授業では何万回目からウロコを落としたかわかりません。それくらいわかりやすく、為になる授業でした。 初めて受けた時はこんな授業をする先生がいるのか!と衝撃を覚えました。 大きく私の学力を伸ばしてくださり、考えるだけで笑ってしまうような個性的な先生方には感謝がしきれません。

これから受験する人たち・後輩へ

本当に自分の力になる学習ができることだと思います。 理数セミナーに入り、どの教科においても基礎的なこと、本質を理解することの大切さを学びました。 毎授業で自分のツメの甘さを気づかされ、自分の失点の大きな原因は基本的なことをいい加減にしていることだと教わりました。 本質を理解することで実際の入試で見たことないような難問が出ても立ち向かうことができました。 また、自分で学習する時間を多く設け、演習を積むことで、学んだことを実際に解ける力にすることができました。

お世話になった先生へのメッセージ

また、1年前には想像もつかなかったほどの結果を出すことができて、正直驚いています。 自分がここまで来ることができたのはまず、家族の支えがありました。 いつも応援してくれて、背中を押してくれてありがとう。そして先生たちの支えがありました。 私は受験を通して、学力面でも精神面でも大きく成長することができました。 この一年、決して順風満帆ではありませんでしたが、先生方の厚いご支援があったからこそ今の自分があると思っています。 本当にありがとうございました。

記憶に残るエピソード

合宿での思い出が一番強いです。 合宿は普段とは違い、一日中みんなと生活を共にするというのが私にとってはとても楽しいことでした。 特に夏期合宿では球技大会があり、先生たちに生徒たちが本気でボールを当てに行く姿がとっても印象的でした。 また、合宿では班制度というものを導入しており、勉強面や生活面で各班が立てた目標を達成する為に班のメンバーがお互いに声をかけ合い、全体で合宿をより良いものにしようとしました。 この班制度を通して、学年関係なくコミュニケーションを取り仲良くなれたことがとても嬉しかったです。