川崎医科大学 冨士原 智也さんの保護者様のお声 | 医学部受験予備校・塾の池袋理数セミナー
川崎医科大学 冨士原 智也さんの保護者様のお声

池袋理数セミナーの冨士原 智也さんの保護者様のメッセージをご紹介します。

子供のことを全て把握してくれていたので、安心でした。

冨士原 智也さんの保護者様

川崎医科大学 医学部 合格合格

入塾前に抱えていた課題

部活中心の生活で、勉強習慣が全くと言っていいほど出来ていませんでした。
高校でしか出来ない事をやるという考えでしたのが、今思えばそれにしてもひどい状態でした。
学校は好きでしたので、中高六年間皆勤でした。

理数セミナーに入塾した経緯

姉が理数セミナーにお世話になっておりましたので、本人も理数セミナーに通うものと決めていました。

お子様の合格の原動力

何をどう勉強したらいいかも分からない状態でしたので、先生方に課題を与えて頂いてやっていくうちに、自分の苦手なところ、少しだけ得意なところ等がわかるようになってきて、やれば出来るかもという思いが自分の中に出てきた事だと思います。

お子様・保護者様にとっての理数セミナーの講師

子供と本気で向き合って下さって、その子に合わせた課題や勉強方法一緒に考えて下さる存在で、全てをお任せできました。

これから受験を迎える保護者へのメッセージ

子供にとっては、休みも少なく、拘束時間も長くかなり厳しい環境だとは思いますが、それが受験の厳しさだと思います。
現役の時は理数セミナーでお世話になっていましたが、一浪の時、息子は他の医専予備校に通いました。
時間的にも楽で、全然きつくなかったそうです。
ここにいたら、ただなんとなく時間が過ぎてしまい、結果が得られないと、厳しいのを承知でこの一年で決めると出戻りさせて頂きました。
そんな勝手にも関わらず、快く迎え入れて下さりました。
理数セミナーの先生は全ての先生が、全ての子の事を把握して下さっています。親として、こんな安心はありません。
私はただ、お弁当や送り迎えのサポートをしただけでした。

記憶に残るエピソード

コロナ禍で模試も思うように受けられなく自分の力がわからない時に授業中の問題解答で、化学の先生に現役の時とまるで別人みたいだねと言われ、少し自信が持てるようになった事です。
現役で進学した兄弟は数学の課題プリントが追いつかず、溜まりに溜まって提出できていなかったようですが、毎日欠かさず提出し、真面目さで勝ち取った合格と心から思いました。

川崎医科大学合格の保護者様のその他のメッセージ