北里大学 中村 衿華さん合格体験記 | 医学部受験予備校・塾の池袋理数セミナー
北里大学 中村 衿華さん合格体験記

池袋理数セミナーで北里大学に合格した生徒の合格体験記をご紹介します。

切磋琢磨し合える仲間と綿密な学習スケジュールが無ければ現役合格はあり得なかった

名前 中村 衿華さん

受講開始期間 高校2年 4月

コース 医学部本科コース

受講開始当初の学力レベルと合格校

偏差値 46

北里大学医学部合格

入塾前に抱えていた課題

一応学習習慣は身についていたと思いますが、理数セミナーに入塾してからの学習習慣と比べると、集中力が足りていなかったし、そもそも学習量が足りていなかったと思います。

理数セミナーに入塾した経緯

【入塾の決め手】高3になる前の早い時期から医学部を意識した勉強ができることや、
他塾に比べて、学習スケジュールが密だと思ったことから、大変になることは覚悟して、
受験勉強に専念し、医学部に現役合格したいと思ったことも、医学部コースの入塾の決め手の一つです。

理数セミナーでどのような成果を得ましたか

長時間集中して勉強することに慣れていなかったですが、入塾して毎日理数セミナーの時間割通りの学習を続けていたら、
自然と長時間の勉強が辛くなくなりました。
入塾前は学校の先生に質問をすることが少なかったですが、授業が講義ばかりではなく、演習が多いので、分からない問題に真剣に向き合って、自分で疑問点を探して質問する習慣がつきました。
同時に、自分の苦手科目と向きあって、改善するためにどのような勉強をするか考えられるようになりました。
特に苦手だった化学と数学の確認テストはいつも酷い点数でしたが、ポイントをまとめたノートを作るようにしたことで、自分の頭に残りやすく、まとめたものに関しての定着は良くなりました。

合格の原動力や成果が出た要因

気を緩ませない密な学習スケジュールは私にとても合っていたと思いますし、医学部の合格に直結したと思います。
頻繁にあった各科目の確認テストなどは、日頃から何かしらの目標を持って、モチベーションを高めながら勉強することに繋がりまし
た。
また、担任の先生や科目ごとの先生がいつも弱点や改善点を見つけてくれたおかげで、苦手と向き合いやすかったです。
高3になってから、レビューシートの大切さを実感し、レビューシートのおかげで1コマ1コマを丁寧に振り返り、化学の問題の解法のポイントや数学の大事な公式、解法の流れを載して、自分の印象に強く残すことができました。

理数セミナーの先生方はどのような存在でしたか

各先生方がなんでも相談できて本当に頼れる存在です。
どんなに成績が悪かったり、理解不足だったりして私が悲観的になっていても、先生方は決して悲観せずに、まだこれからだよ!と励ましてくださって、私は自分の失敗を糧に、前向きに勉強を続けることができました。
私を医学部合格に導いてくださって本当にありがとうございました!
特に担任をしてくださった藤倉先生は、模試や確認テストが返される度に落ち込む私をいつも励ましてくれて、人一倍できない化学をどこから分かっていないのか一緒に確認してくれて、本当に私が理解できるまで教えてくださいました。
勉強面とメンタル面の両方でたくさん面倒をみていただき、とても感謝しています。

先生や家族へのメッセージ

理数セミナーの講義は受け身で聞く講義ではなく、ひとりひとりが発言し、その中で理解が不十分だったり、間違えていたりすることがあれば、先生方がその場で解説し直してくれます。

記憶に残るエピソード

憶に残るエピソードは、高3の夏に化学のNo.プリントを何周もしたことです。
すでに解説してもらっていたはずなのに、知識や解法がほとんど抜けていて、藤倉先生を何度も困らせながら、最後はなんとか自力で解けるようになりました。
苦戦した分、最後まで自分で解ききれたときはとても嬉しかったです。