Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

まるで長距離走の伴走者のような先生たち

帝京大学(医)進学 笹森千愛さんの保護者様からのメッセージ
入塾前に抱えていた課題
大手予備校に通い医学部を目指していたが、成績が伸び悩み、全く先が見えない状態でした。
特に英語は全く医学部には、ほど遠い成績でした。
高校では担任教師から「医学部はあきらめて他学部(文系など)が良いのでは…」と指導を受けていました。
何とか突破口を!と模索していましたが、医学部専門予備校という選択肢が本人も親もイメージできずにいました。
理数セミナーに入塾した経緯
偶然、私がチューターとして担当していた理数セミナーの卒業生に理数セミナーの素晴らしさを聞き、その後、本学の理数セミナー出身の学生たちに聴いてみたところ「絶対におすすめです!独自性のある予備校だけど、合格実績や先生達は素晴らしいです!」とのことで、3年の途中という微妙な時期でしたが入塾を決めました。

お子様の合格の原動力
先生たちは理解できるまで付き合ってくれ、自分自身でやる気を維持していけるというスタンス(逆にやる気や積極性が無ければ合わない人間もいるかもしれないが)が娘にとっては最もマッチした点だと思います。
お子様・保護者様にとっての理数セミナーの講師
やはりなんと言っても担任の木村先生との出会いは娘を大きく変貌させたと思います。
真正面からぶつかってきて、厳しい指導を受けることも多々あったようですが、娘にはその熱意が真摯に伝わって、それに応えようと必死に何とかして英語の点数を上げたいと、もがいていました。
長距離走の伴走者のように常に様子を気にかけてくれて、中高とずっと苦手だった英語を本当に少しずつではありますが克服していき、浪人してからは本当に実力がついてくることに手応えを感じてきたようでした。
一時は体調を崩してしまい、塾へ通えなくなってしまった時期もありましたが、休まざるを得ない身体でも、理数へなんとか行こうという気持ちもあって受験に対して決して後ろ向きになることはなかったのも、木村先生が常に気にかけて心配してくれていたからだと考えます。
本当に、ただ感謝しかありません。
これから受験を迎える保護者へのメッセージ
私自身が私立大学医学部の教員であるにもかかわらず、医学部受験専門予備校に対して正直あまり良い印象を持っていませんでした(すみません)。
そのため当初は手探りで大手予備校と掛け持ちで通学を始めました。
しかし入ってみるとその素晴らしさに気づき、途中から理数セミナーのみに変えました。
何と言っても全ての講師の先生がとてつもなく熱心で学生ひとりひとりに対して細やかな成績分析や得意不得意、くせなどを見極め、対策を練っていくのは、大手予備校での一方通行の講義形式ではとうてい出来ないものです。

医学部を目指してはいるが、到底、成績が足りていない、効率的に勉強が出来ず伸び悩んでいるなど、の悩みを抱えている受験生やご家族がいたら、迷わず理数セミナーに入ることを勧めます!
必ず光が見えてくるはずです。
list page page top