Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

後ろ向きになった時も私以上に医学部合格を諦めない先生たち

帝京大学(医)進学 笹森 千愛さんの合格体験記
入塾前に抱えていた課題
中学一年生の時からつまづいていた英語を、高校生になってからずっとどうにかしようとしていたが、思うように学力が伸びずに受験生になってしまっていたこと。

理数セミナーに入塾した経緯
父の知り合いからの紹介です。
医学部受験に特化していることと、体験授業の時、本気で学力を伸ばそうとしている先生の真摯な姿勢が伝わってきたことが入塾の決め手です。
私にとっての合格の原動力
学力面では、一人一人に合った勉強の仕方や、アドバイスなどをいただき、着実に実力をつけていくことができました。
また、どの先生も生徒以上に医学部合格を諦めずに指導をして下さり、気持ちに迷いがあった時、その姿を見ていつも勇気づけられていました。

これから受験する人たち・後輩たちへ
大手の予備校に通っていた時に、その予備校の自習室で勉強していても、自分はあまり集中ができていませんでした。
その点、理数セミナーのテーマ学習の時間は、事前にやることをGmapに書いて、頭の中を整理してから始めることができ、とても効率良く勉強することができました。
また自分にとって理数セミナーは自然と勉強をしようというモチベーションが高まり、余計なことを考えずに集中できる最高の環境でした。

先生や家族へのメッセージ
高校三年生の途中から、二年近くお世話になりました。
理数セミナーに出会えていなかったら、きっと今も自分は永遠に前へ踏み出せなかったかもしれないと思うと、恐ろしく感じると共に、自分は幸せ者だったと思います。
受験期直前に体調を崩し、周りの人、特に担任の先生には多大な心配をおかけました。
それでも自分が医学部合格を勝ち取れたのは一重に、先生の存在が大きかったように思います。
高校一年生の文理選択の時に、学校の先生に医学部志望であることを告げると、「絶対に止めた方がいい。君の成績じゃ何浪するか分からない。いやむしろ何年経っても受からなくて、絶対に後悔するから、(英語以外の文系教科は問題ない成績だから)諦めて文系に行きなさい」と言われても、無理矢理、理系の道に進んだ私は、実際、受験生になって、成績が全く伸びず、後悔したことがあります。
けれど、医学部に行きたい!医者になりたい!と強く思ったあの時、理数セミナーで先生に出会えて本当に良かったと思います。
先生のことを、人としても、教育者としても本当に尊敬しています。
自分も将来、人のことを導くことが出来るような人間になるために、理数セミナーで培った経験を忘れずに、医学部でも一生懸命頑張ります。
また、理数セミナーで通うことを許してくれた両親、応援してくれた全ての人に本当に感謝しています。


記憶に残るエピソード
現役生の時、「浪人して受かればいいです」と言った自分に対して、「現役で本気で受かると思わなきゃ、絶対に受からないぞ」と先生に言われたあの日から、自分は再び本気で医学部を目指すことが出来ました。
また、先生が言っていた「つらいと思っている時が、人生で一番充実している時間なんだ」という言葉に、自分は本当に感動して、これからも人生ずっと頑張っていこうと思えました。
他にも色々、未熟な自分に対して、話をして下さりありがとうございました。
先生と過ごした時間が一生忘れられない貴重な時間となりました。
list page page top