Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

高2生から身につけることのできた、受験生としての学習習慣

東京女子医科大学(医)進学 川島 由莉さんの合格体験記
入塾前に抱えていた課題
高校に進学してから、勉強量が一気に増え、この頃の勉強といえば、テストを乗り切る為に、テスト前にただ詰め込むだけで、受験の為に知識を定着させることや考える力を身につけることは出来ていませんでした。
また、部活動と勉強が両立できず、自分のペースで学習できる長期休みの間でも、私は自分に甘かったため、勉強が計画通り進まない状況にありました。
そのため、「実力テストや模擬試験の問題には、全く太刀打ちが出来ない」これが、入塾前の私の問題点であったと思います。

理数セミナーに入塾した経緯
理数セミナーのことは、中学生の頃から知っていました。
「現状からは、まず医学部合格が難しい、他学部に変えた方がいいのではないか」
と学校の先生方から指摘され、高1の終盤に、ようやく自分の現状と現実の差に気づきました。
そこで、なんとかせねばならないと、医学部受験の専門性が高い、理数セミナーへの入塾を決めました。

私にとっての合格の原動力
やはり、「学習習慣を確立できたこと」だったと思います。
私は、どうしても自分に甘く、一人で勉強するとすぐにだらけてしまい、質の低い勉強をしていました。
しかし、高2の時、理数セミナーのカリキュラムのもと、受験生と同じレベルでの学習習慣を徹底的に叩き込まれた。
その結果、知識を確実に定着させる力やしっかりと考える力を身につけられました。
このことが、合格の大きな原動力になったと思います。

これから受験する人たち・後輩たちへ
先生を信じてついていってください。ただそれだけです。
先生方は、それぞれの生徒に合った合格への戦略を考えて下さいます。
だから、理数セミナーでの勉強には、必ず意義があります。
「つまらないな」・「大変だな」と思うことがあったとしても、後で活きてきます。
しかし、指示待ち人間になるのではなく、自分で考え、あれこれやってみてください。
自主性が、合格への鍵になります。

先生や家族へのメッセージ
理数セミナーの存在がなければ、今の私はないと思います。
それほど、私にとって偉大な存在でした。

先生方は勉強面だけでなく、精神面も考慮して、私に接してくださいました。
なんといっても、理数セミナーの先生方の生徒の夢を叶えようとする情熱は、どの塾にも負けないと思います。
生徒を第一優先に考え、生徒の夢をかなえるべく、力を尽くしてくださった理数セミナーの先生方には、もう感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

list page page top