Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

授業だけなら学校で十分、足りないところを補いたいから塾に行く

東京女子医科大学(医)進学 近藤瑛絵さんの保護者様からのメッセージ
入塾前に抱えていた課題
中学受験の際、5年生から入塾したので周りの雰囲気と進行度について行けず、6年生は個人の家庭教師に頼んでいました。
第一希望の中学には入れず、今度は大手有名予備校で英語と数学を始めたものの自宅での勉強の仕方(予習、復習、テスト対策、計画の立て方など)がまだ確立しておらず、中学での学習が定着していないようでした。
もちろん成績は上がりませんでした。

理数セミナーに入塾した経緯
初心に還り、彼女には大きい塾での授業タイプの指導より、個人の弱さを徹底的につぶしてくれるような塾が良いと思いました。
中学一年、二年時は医学部を目指したいとは言っていませんでしたが、そのくらいの実力がつけばどの学部でも応用が利くのではないかと思いインターネットで検索して理数セミナーを見つけました。
他の医学部専門塾と違い、学習の仕方が面白かったこと(学年で分けない、テーマ学習、Gmap‐cなど)、面談時の先生の熱さが良かったこと、学校が多少遠かったため帰宅前に寄れることなどが決め手になりました。

お子様の合格の原動力
良い仲間と出会い切磋琢磨出来たことが一番だと思います。
学校でも同じく医学部を目指す同級生もいましたが、理数セミナーの仲間ほど心から話し合えるかと聞かれるとそうではなかったようです。
理数セミナーでは、先輩・後輩を含め殆どが医学部を目指し、共に絶対合格しようと励ましあい、親よりも長く一緒にいて、日々の勉強でも合宿でも、つらい時を共に頑張ってきました。
その中で彼女も少しずつ自発的になって、自分も合格を勝ち取ろうという気持ちが強くなっていったのではないかと思います。

お子様・保護者様にとっての理数セミナーの講師
最初にお会いした時からとても先生方の熱意が感じられました。
中学三年より反復して基礎から徹底的に指導して頂いたおかげで、彼女も努力するということが身についたと思っています。
彼女が作った年間計画表を面談時に見て学習内容がよくわかるようになり、そして、年々勉強に対し真摯になっていく彼女を見ていて、一度も不安になることはありませんでした。
先生方の辛抱強い指導のおかげと感謝しています。

これから受験を迎える保護者へのメッセージ
生徒は十人十色です。
一人一人の良さ、悪さを踏まえて指導してくれる、伸ばしてくれる、それが理数セミナーのすばらしいところと思っています。
彼女も授業だけなら学校で十分、それ以外の自分に足りないところを補いたいから塾に行くのだと話していました。
受験期の大手の塾では出来ないきめ細かい指導も本当に助かりました。

お子様へのメッセージ
瑛絵へ
合格おめでとう!
ようやくスタート地点です。
これからが始まりです。
受験を乗り越えられた自信でこれからも仲間達と一生懸命頑張ってください。
これからも応援しています。

list page page top