Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

2016 春期講習のご案内<3月9日(水)からスタート>

新学年がスタートして最初に取り組むのが、1年間の目標設定と計画策定。
1年のスタート時に目標と計画を明確にさせるかさせないかで、
この1年間の学習効果が大きく変わる!
この春、医学部受験を見据えて、先取りで差をつける
数年後に控える大学入試へのスタートのときです。
新年度、豊かな学校生活を送るためにも、
この春から現役合格に向けて戦略的に学習を進めていくことが大切です。

より上位の成績に位置していれば、今後の授業を有効的に活用し、成長することが出来るようになります。
また、生徒自身の目標の基準も自ずと高まり、向上心を持って学習に取り組み続けることも出来ます。

だからこそ、早い時期に学習習慣を構築し、学習の基盤を作っておくことが重要なのです。
個別設計だからこそできる
「生徒一人一人の思考、性格、学習の進度は違う。」

このことを念頭に置いて指導することは、至極当然です。
しかし、生徒自身が「違い」を意識しながら学習を進めていることは極めて少ないのです。

学校の成績が良かった生徒ほど、今までの学習方法を見直すことを怠りがちです。
短期間での結果が出たからといって、その学習方法を継続していいとは限りません。
そして、皆と同じ学習方法・学習進度だから安心というわけでもありません。

生徒の力を最大限に発揮させるためには、
一人一人に合った学習方法を個別に設計し、磨き上げることが不可欠なのです。
◆春期講習のテーマ◆
<中学生>『中学分野の先取りと「家庭学習を含む」学習リズムの構築』
医学部現役合格の可能性に大きく関わるのが、中学分野の英語と数学の積み重ねの量。
現役合格者の大半は中学生のうちから受験を見据えた学習を開始している。
付け焼刃的な学習では通用しないのが医学部受験。
中学分野をしっかり定着させることが現役医学部合格への鍵となる。
そこで、池袋理数セミナーでは、
中学分野の先取りと「家庭学習を含む」学習リズムの構築を実践していきます。

<高1生>『高校分野の先取りと「受験につながる」学習リズムの構築』
新学年がスタートし、まず最初に受験する『校内実力テスト』。
現状の学力を的確に把握・分析し、今後の目標と計画策定へとつなげていく。
そして、高1生は受験必須科目である英語・数学を先取りし徹底強化させる。

<高2生>『受験に直結させる学習方法の習得』
中学~高1生で基礎力を積み重ね、高2生からは受験生と同レベルでの学習をスタート。
受験生対象である『校内実力テスト』を受験することにより、
自身の課題やギャップを明確にし、目標・計画を策定していく。

<高3生>『現役合格に向けての学習方法の習得』
1年後に控えた入試本番に向けて、何よりも大事なことは量ではなく、徹底的に質にこだわった授業。
限られた時間の中で1回ごとの授業をより効果的に実施することが現役合格のためには必須となる。
『校内実力テスト』から得た自身の現状と目標とのギャップを的確に把握し、
質にこだわった学習を徹底することで、現役合格を狙う!!

◆実施期間◆
春期講習(中1~高3)    3/ 9(水)  ~ 4/ 6(水)
校内実力テスト        3/29 (火)
(※3月21日(月)は休館日となります。)
◆指導教科◆
英語・数学・国語・理科・社会・小論文・面接
(※上記のうち、希望する科目を受講可能。)
<個別設計指導>
生徒の能力を最大限に伸ばすための個別学習プログラム。
予習から復習までも個別に指導し、確実な 「学力の定着」にこだわっています。

※お問合せの際は、HPの上記の「資料請求」からお問い合わせください。
または、こちらまでお電話ください。
TEL:03-5952-1471
list page page top