Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

個性をそのまま受けとめてくださる塾

麻布大学(獣医)進学 上村綾萌さんの保護者様からのメッセージ
入塾前に抱えていた課題
高一から高二に上がる時は、まだ、将来の夢が定まらず、物理を選択してしまったのですが、高二の夏に獣医を目指す事に決め、生物に変更したため、出遅れてしまいました。

理数セミナーに入塾した経緯
子供が、自分で勉強するには、限界があり、どうしても専門の塾に入れて欲しいと懇願してきたので、決めました。

お子様の合格の原動力
個人個人の弱点や、得意分野を的確に把握し、合格するには、何をどれだけ点数を取れば良いのか、分析して下さっていたので、子供も目標を立てやすく、気持ちがきれることなく、最後まで勉強に集中する事ができました。

お子様・保護者様にとっての理数セミナーの講師
すべての科目で伸ばして頂いたのはもちろんですが、特に生物では、驚く程の伸び率だったと思います。
性格的に社交的な方ではない子なので、「何を考えているか分からない」とか「自分の意見を言わない」など、小・中学校の頃の先生に言われた事もありましたが、理数セミナーの先生は、個性をそのまま受けとめてくださったので、心を閉ざす事なく、安心して勉強に集中できたと思います。

これから受験を迎える保護者へのメッセージ
上の子は、大手の塾に入っていましたが、一方的な授業で、自分自身で弱点を見つけ、克服するには少し荷が重すぎました。
苦しみながら合格を勝ちとりましたが、医学部系は少し特殊な受験だと痛感していましたので、理数セミナーのような少人数で、1人1人をちゃんと把握して対策を考えて下さる塾は、現役で合格する近道だと思います。

お子様へのメッセージ
現役で獣医学科に3つも受かるなんてすごいね!
第一志望の国立獣医だけはのがしてしまい、泣かれた時は、どう声をかけたら良いか親も本当につらかったです。
第二志望の大学だって獣医を志望する人なら誰もがうらやむ大学なので、そこに合格できた事を誇りに思って前進あるのみです。
国立後期まで戦い抜き、獣医学科ではありませんが、合格を勝ちとったのは素晴らしいです。
私立がこんなに合格してたので、国立後期も獣医にしておけばもう1度チャンスがあったかなーと思ってしまいますが、獣医師になる切符を手に入れ、スタートラインに立てたのだから、思いっきり、好きな分野で活躍して下さい。
ずっと応援しています。


list page page top