Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

最も効果的な“戦略”と最後まできめ細いサポート

東邦大学(医)進学 荘光樹生くんの保護者様からのメッセージ
入塾前に抱えていた課題
入塾前、高校での成績は進級すら危ぶまれる位の劣等感にどっぷり浸った状況でした。
担任の先生にも理系ではなく文系を強く薦められ、学校で理数系を選択することが最初の関門でした。
内に秘めた夢や進路を語る事を恥ずかしがる割に、精神的に未熟で人の話を聞こうとしない頑固者でした。
学習面のマイナスに目が行き過ぎ、優しい性格に目を向けられず、親としても藁にもすがる思いで理数セミナーに辿り着きました。

理数セミナーに入塾した経緯
まず、理数セミナーを知ったきっかけですが、医学生の娘になるべく多くの医学部生に通塾に関する情報収集を頼みました。
息子の性格上、大手予備校の講義室で熟睡している姿が目に浮かび、個別対応して下さる点、志望校への合格実績が高い点、卒業生が理数セミナーにいつまでも愛着を持っている点が魅力でした。
何よりも一番の決め手は、最初の面談で息子の特性をお伝えした時に「我々の得意分野です。」、「当塾には入塾テストがないんです!!」と力強いお言葉を伺えた事に尽きます。

お子様の合格の原動力
何事も自分で納得しないと前に進めない息子は、入塾直後から塾が大好きになりました。
経験豊富で素晴しい先生方の明解な授業と知的好奇心をくすぐったGmap-c !!
何故伸びないんだろうと悶々としていた闇からスルッと抜け出せた感覚だったのではないでしょうか。

理数セミナーでの「己を知る」という作業を通して、弱い自分と向き合い続けた先に大きな喜びがあるのかもしれません。
生徒1人1人の特性に合わせて、最も効果的な“戦略”を立てて下さり最後まできめ細かくサポートして頂きました。
それこそが原動力であったと感謝しかございません。

お子様・保護者様にとっての理数セミナーの講師
理数セミナーも先生方には2年間大変お世話になり有難うございました。
最初の頃は言い訳をしてズル休みしたり、春合宿も欠席したりと医学部受験に対する自覚に欠けておりました。
そんな息子を温かく導いて下さり、頭の下がる思いです。
息子が変わったのは夏合宿に参加してからです。
寝食を共にしながら志の高い先輩方の真剣な様子と先生方の熱心なご指導を目の当たりにし、ようやく事の重大さに気が付いたようでした。
親に話せない悩みや弱音を先生方に聞いて頂き、愛情ある厳しいご指導が入試直前の自信につながったようです。
入試当日、先生方の寄せ書きをかばんに忍ばせ、小さなガッツポーズをして出て行った姿が忘れられません。

信頼の分だけ責任が大きくなると先生方はおっしゃいますが、息子がいつも「あんなに働いて大丈夫かなあ」と先生方のお身体を気にしておりました。
どうぞご自愛下さいますようお祈り申し上げます。

これから受験を迎える保護者へのメッセージ
・大手予備校の講義中心の授業ではなく個別少人数用なので直接名前で呼ばれ先生との距離が近いと思います。
・個々に合わせたオリジナルの戦略を早いスピードで軌道修正されているように感じます。
・情報の共有化が徹底しており、塾全体でご指導下さっているように思います。
・受け身ではなく、自分自身で考える事を重視しているので本番での孤独に強くなるような気がします。
・入塾テストがなく、大変面倒見が良いので伸びしろを充分伸ばして下さると思います。
・学校での学習を疎かにしないように効率良くサポートして下さいます。
・池袋駅から近く、周りにコンビニも多く長時間塾で過ごしても困りません。
・何より先生方が個性的で魅力的なので面談が楽しみです。

記憶に残るエピソード
合宿の度にお写真を頂いておりました。
息子の真剣な顔を初めて知りました。
あの写真を見て、最後まで理数セミナーにお世話になろうと決意したのです。
本当に有難うございました。
いつまでも幼いと子供扱いしておりましたが、お陰様で人間的に成長させて頂きました。
その事は合格後を見据えた医学を志す者として誠実に取り組む姿勢や謙虚に対応する力の土台であったようにも思われます。

先生方・受付の方・講師の方々、全ての皆様の温かいご支援のお陰でようやく夢を語れるようになりました。
これからも更なる研鑽の日々が続きますが、息子が悩んでいる時は今後共に厳しくご指導下さいますようお願い申し上げます。

list page page top