Messages 講師・卒業生・ご家族より皆様へのメッセージ

「医学部現役合格への覚悟」と「共に戦う頼もしき“師”」

北里大学(医)進学 小池真結美さんのお母様からのメッセージ
入塾前は…
大学受験に向けて塾選びに苦慮していました。
進路を理系に決めたものの、その先ははっきりせず、
何を基準にどんな塾に通うか学校との兼ね合いはどうするのかなど考えました 。
高1の終わりに理系生物クラスへの進級を決めた娘は、
医師になりたいという夢はあるものの、
果たして医学部に決定した受験体制を敷いてよいものか悩んでいました。

池袋を拠点に大手予備校を含め何校か説明を聞いたり体験授業を受けたりしました。
理数セミナーは医学部受験誌の中で紹介されており、興味を持ってお話を伺いに行きました。
体験授業をうけ、理数セミナーの方法や雰囲気を知り、
娘は何か手ごたえを感じたらしく理数セミナーに行こうと自ら決めました。
現役合格の鍵は、「医学部受験への覚悟」
高2・高3の高校生活を残しての入塾だったので、
本人はこの2年間に全力を注いで、現役で大学に進学したいという気持ちでいました。
先生方が2年間本気で頑張れば、医学部でも可能性があると話してくださり、
不安から迷っていた進路も医学部一本とすぐに覚悟を決めました。
他校の生徒さんとの関わりの中で、
模試の点数だけでは分からない自分の弱点や偏りを見出すことができたようです。
理数生同士同じ目標を目指しながら画一的ではなく、
一人一人の能力に合わせた勉強をさせていただけたことも、
周りに振り回されず学習スタイルを維持できた理由だと思います。
2年の間、ほぼ休むことなく理数セミナーに通わせていただき、
受験勉強のほぼすべての時間を理数セミナーでこなしたと言っても過言ではありません。
理数セミナーの講師「共に戦う頼もしき“師”」
先生方は、学習面についてのご指導はもとより、
普段の娘の様子や生活をとても良く見ていてくださいました。
時には説教し、時には怒り、時にはおだてたり、ほめてくださったりしました。
その度に娘はその言葉を受け止めつつ精神的にも成長させていただいたと思います。
家よりも理数セミナーにいる時間の方が長いくらいで、
親子共あらゆる意味で、共に受験を戦ってくださる頼もしき“師”として信頼していました。
受験が近づいてきた頃には、娘も相当神経質になり、
不安や焦りが態度や言葉に表れていました。
そんな時でも、しっかりと受け止め適切なご指導をいただき、
何とか乗り越えることができたと思います。
本当にありがとうございました。
list page page top